*

三毛猫にはオスが少ないって知ってた?その理由は?

公開日: : 動物の気になること

三毛猫はメスばかり

「にゃ~」とすり寄ってきてくれたにゃんこちゃん。

これは三毛猫ちゃんですな。

どれどれこの子は男の子かな?女の子かな?

ゴロンとしてくれたのでちょとチェック。

やはり女の子か~

噂では「三毛猫がオスが生まれにくい、数が少なくて貴重」ということは知っていましたが、確かに私が遭遇した三毛猫ちゃんは女の子ばかり。

なんでだろう??ということで今回は三毛猫ちゃんがなぜ女の子ばかりなのかについて調べてみました!

 

なぜ三毛猫はオスが少ないのだろう??

 

「そんなの運だろ?」と思っていました。

実際「運」であることには間違いないのですが、他の色に比べると結構論理的な理由がありました。

動物には染色体があって、「X:メス」、「Y:オス」の二つが組み合わさって最終的にどちらの性別になるかが決まるのはみなさんもご存じのとおり。

「X-X」なら女の子、「X-Y」なら男の子ですね。

三毛猫にはベースとして三つの色があります。黒・白・茶。

これらが部分部分で現れる。

境目はグラデーションぽくなってますよね。

この「茶色」にあたる情報は実は「x染色体」にあるそうです。

そして、この「茶色」の遺伝子はとても影響力が強くて、黒やトラ目の遺伝子を持っていたとしても押しのけて表に出てくるそうです。

この時に茶色の猫が生まれてきます。

でも「非茶色」の遺伝子も存在し、この遺伝子は「基本的にx遺伝子に存在する」ようで、この非茶色遺伝子を持つX染色体が茶色遺伝子をもつX染色体と【対になったときだけ】、他の色があらわれるそうです。

三毛猫になるのはこんな奇跡が重なったときだけなんですね。

で、先ほど説明した通り「茶色の遺伝子」も「非茶色の遺伝子」も「X染色体上にある」ことが多いため、必然的に三毛猫はメスが多くなる!ということです。

ただ、例外的に「茶色遺伝子」がY染色体上の遺伝子とごくまれに入れ替わることがあり、その時だけX-Y(オス)で非茶色-茶色と対になることがあるそうです。

この時だけにしか「オスの三毛猫」が誕生しないのです。

本当に例外的な事例のようで、だからオスの三毛猫は出生率が極めて低く貴重な存在なのです!

生命の不思議ですね~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 励みになるのでポチッとお願いします♪

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

 

The following two tabs change content below.

K子

東京都、在住のアラフォー兼業主婦です。 日々の生活で、いろんなことを思う今日この頃。 そんな私のたわいない日常の中にでてくる「いいこと」と「困ったこと」などをみなさんにお伝えし、少しでもお役にたてたらと思ってます♪

関連記事

カタツムリ

カタツムリって虫?貝?どっち?

各地でゲリラ豪雨がすさまじい今日この頃。 梅雨も明けたはずなのに、なんだか落ち着かない関東です。

記事を読む

イルカジャンプ

イルカはなぜ陸地に近づいてくるの?

姪っ子たちと水族館に行ったとき、イルカは日本にいるのー?みれるのー?って。 日本近海でもイルカはい

記事を読む

Leatherback

なんと潜水時間「5ヶ月」のカメがいた!

前回に続き「水族館」で子どもに聞かれたシリーズ。 ウミガメコーナーでの一言 「ウミガメってどれぐ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【アイサガ日記35】大ピンチ?!ゲーム続行不可能か?!!( ノД`)シクシク…

昨夜の事でした。 0時を回ったので、デイリー系のプレゼント更新がなさ

【アイサガ日記34】あ~我慢できん!やっちまったw

前回の記事に書いたように、今やることは「体力を貯める」でした。 &n

【アイサガ日記33】Lv57、停滞中。問題点から今やらなくちゃいけないことの優先順位を考えてみた!

前回のイベント「砂の海」が終わって、現在正直なんにもしてない状況。

【アイサガ日記32】小林真希、レイラ、スノー、意外な展開で3人一挙加入!\(^_^)/

パイロット不足で悩んでいた今日この頃、意外な展開でほぼ同時に小林真希、

【アイサガ日記31】やはり出ない「SSS」、スカ60連続中( ノД`)シクシク…

前回の40連(ダイヤ8000個)の悪夢から、ダイヤが「4000個」貯ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑